妊娠して、出ないと分からないお腹の大きさ

妊婦さんは、当然お腹が出て来ます。当たり前のことなのですが、実際、自分のお腹が大きくならないと、どんな感じなのか想像が出来ません。当時、マンション住まいだった私は、洗濯物に一苦労でした。洗濯機から取り出すのも、狭いベランダで移動するのもお腹がつかえてしまいます。靴を履く時も、紐を結んだりするためにかがむのは大変なので、かがまずに履ける靴が重宝です。

料理をするのも、キッチン台から少し距離があるので、感覚が違います。大きいお腹は、もちろん重たく、それは幸せの重さでもあるのですが、寝るのも普段通りにはいきません。そのため、私は制圧式のマットレスを買いました。身体が包まれるようにへこむので、負担がかかりにくく、普通のベッドや布団で寝るより、はるかに寝やすかったです。

お出掛けをするにも、荷物はできるだけ最小限で出かけたくなりました。歩く速度もゆっくりになるので、いつもの2倍の時間がかかるんじゃないかと思いました。車を持っていなかったので、お買い物で重たい荷物を持つのも嫌だったので、私は、我が子が産まれる前から、ベビーカーを買って、フル活用していました。

おかげで、赤ちゃんの代わりに買い物袋を乗せたベビーカーを押していたので、赤ちゃんが乗っているのかと期待した、おばさま方の期待を裏切り、何度かがっかりさせてしまったことを覚えています。自分のお腹が大きくならないと、本当の大変さはわからないので、妊娠前より、はるかに、妊婦さんに優しくなれるようになりました。

妊婦さんにおすすめの葉酸サプリはモノグルタミン酸型葉酸を配合しているもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です