歯が最初から黄色くて不利

私はよく「歯が黄色い」と言われることが多いです。別に初対面で言われることはありません、そこまで観察していませんからね、たいていの人は。ただ身内には言われます。それには理由があるのです。両親の歯は特に黄色いわけではなく、わりと白い方だと思いますが、私が黄色いのには小さい頃の入院の経験と関係あるのです。

私は3歳のときに肺炎になってしまい、入院しました。もうそのときのことは全く覚えていないのですが、抗生物質をたくさん摂ったらしいです。抗生物質をたくさん摂ると歯が黄色くなるみたいです。なぜか分かりませんが、そう言われているみたいですね。なので確かに鏡で歯を観察してみると、黄色いことは確かです。嫌なのですが、どういう歯磨き粉を使っても色は変わりません。

歯並びは生まれつきわりと良い方で、歯の矯正は必要ないと言われたのでしたことがありません。でも色に関してはなかなか自分の力で変えることはできなさそうです。ドラッグストアには美白やホワイトニング効果があると書いてある歯磨きが売っていますが、使ってみても効果を感じることはありませんでした。その上、そういった歯磨きは刺激が強いものが多く、口の中の皮が剥けてしまったこともあります。

歯医者では歯のホワイトニングを、もちろん保険は利きませんができるみたいなのですが、それをやろうか考えているここ最近です。せっかく歯並びが良くても色が白くない場合、あまり綺麗に見えないのですよね。肌の美白も良いですが歯の美白もわりと大事かもしれません。

ホワイトニング歯磨き粉は手軽に始められておすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です