ニキビができたら保湿をしっかりする必要があります

ニキビは脂性の肌の人がなりやすいというイメージがありますが、乾燥肌でもニキビができやすくなるのです。
肌が乾燥すると、肌が非常事態を感じて、一生懸命皮脂を分泌するようになり、その分泌物が毛穴に入って炎症を起こして、ニキビになってしまうことが多いのです。

私はニキビができそうになったら、とにかくしっかりと保湿するようにしています。
洗顔後、すぐに化粧水をつけて、たっぷりとパッティングして肌に潤いを与えるようにしています。

化粧水はとても大切な要素で、手のひらで顔を包み込むようにして、しっかりとプレスします。
その後に美容液をつけて、乳液やクリームを塗るようにしています。
顔を石鹸で洗いすぎたりすると、ニキビができてしまうので、保湿をしっかりとすることを忘れてはいけません。

もしニキビができそうになったら、ニキビのところにオロナイン軟膏を塗ると殺菌されて化膿することなく消えてくれるので、とてもニキビには効果があるのです。
私はニキビ専用の軟膏を使ったことがありますが、ますます肌が乾燥して、なかなかニキビが治りませんでした。
それに比べて、オロナイン軟膏は適度な保湿力もあって、乾燥しないので、とても効果を感じます。

顔を洗う時には前髪などに石鹸がつかないように気をつけることが大事で、もし髪の毛に石鹸がついたままだったりすると、そこから肌の毛穴に石鹸成分が入って炎症を起こしてしまうので、きれいにすすいで洗うことが大事です。

プラクネの最安値は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です