妊娠中の思い出の残し方

妊娠期間は人生の中でも特に特別なものだと思います。自分の体の中にもう一つの命があるなんて女性にしか味わうことのできない素晴らしい特権だと思っています。そんな妊娠期間の日々の変化をどうにか残しておきたいと思い私がしたことを紹介します。

まず一つは、妊娠検査薬に反応が出た日を記録、その時の気持ちを何かに記しておく。検査薬はずっと置いてはおけないので写真に撮って破棄しました。

二つ目、その日から鏡の前に立ち横を向いて、お腹の撮影をしました。毎日撮影したかったのですがつわりで苦しいこともあるので、週ごとにとっていました。最初は変化がわかりにくいですが、5か月を超えたあたりから日に日に成長し行く様子がわかり楽しいです。

3つめは、エコー写真を残しておくこと。今はエコー写真専用のアルバムがあるのでそれを活用しました。成長していくお腹の中の赤ちゃんの様子がよくわかります。自分は日記をつけることが得意ではないので、その写真の裏やアルバムのコメント欄にその時の気持ちや子供への思い、その時の生活様子など箇条書きにしていました。

4つ目、マタニティフォトを撮っておくことです。自分のスマホで撮影した画像とはやはりくらべものになりませんでした。プロのカメラマンさんは自然な表情をカメラに収めてくれますし、普段は一緒にうつることのない夫とも妊娠中の写真を残しておく機会になると思います。最初ははずかしいかなと思ったのですが、見返してみるとやっぱり撮っておいてよかったと思いました。

妊娠中は心も体もめまぐるしく変化しています。新しい自分の思いにきづいたり、悩んだり葛藤したり、生まれてくる子供のことをまだ顔を見ないうちから愛しいと思える素晴らしい時間でした。ぜひ、何か思い出を目に見える形で残しておくことをお勧めします。

妊娠中は栄養が不足?ビタミンや鉄分も摂れる葉酸サプリのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です