クレンジングの刺激がニキビを作る?クレンジングとニキビの関係

メイクをする方は毎日クレンジングをしていますが、やり方を間違ってしまうとニキビをできやすくしたり、できているニキビを悪化させてしまう可能性が有ります。クレンジングとニキビにはどのような関係があるのでしょうか。

まず、クレンジングにはメイク汚れである油分を落とす効果があります。メイクだけをしっかり落とすだけなら良いのですが、濃いメイクまで落とそうとすると洗浄力の高いクレンジングを使ったり、適量よりも多く使用してしまう場合があります。するとメイク汚れだけでなく、肌に必要な皮脂まで落としてしまう場合があります。すると肌は乾燥しやすい状態になってしまいます。そして乾燥から守るために皮脂を過剰分泌するようになります。

そうすると、その皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビを引き起こしてしまうのです。しかし、だからと言って洗浄力の弱いクレンジングも良くありません。洗浄力が弱いということはメイク汚れが落ちにくく、肌表面に残りやすいということです。すると、その汚れによりニキビができやすくなったり、悪化してしまう可能性があります。また、汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのもよくありません。ゴシゴシ洗うと、その摩擦により肌に刺激を与え、バリア機能を低下させてしまう場合があります。それにより肌のターンオーバーが低下し、肌表面に古い角質が蓄積しやすくなります。すると古い角質や汚れが毛穴に詰まりやすくなり、ニキビを生じさせてしまうのです。

このように、ニキビとクレンジングには密接な関係があります。そのため、ニキビを予防・改善するためには肌に負担をかけずに汚れだけをしっかり落とせるクレンジングを使うことがおすすめです。また、クレンジングの際には力を入れずに指の腹を使って洗い、すぐに洗い流すことがおすすめです。すると肌への刺激を抑えつつ、必要な皮脂までを落とす心配がなくなります。それにより肌のバリア機能の低下を防ぎ、肌荒れを防ぐことができます。

ローズの香り♪DUOクレンジングバームお試ししてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です