適切な肌のターンオーバーを保つことでニキビケア

肌のターンオーバーとは、簡単に言うと肌表面の古い角質が剥がれ落ち、代わりにその下から新しい角質が表面に出てくる生理現象のことです。
人間の肌と言うのは、このターンオーバーにより、目には見えないけれど確実に生まれ変わり続けていると言うことです。
そのためこのターンオーバーは、あらゆる肌トラブルを改善するためには非常に重要な役割を果たしていると言うことができます。

たとえばニキビに関しても、ターンオーバーの周期が正しく保たれていれば、少しずつ状態は改善されていきます。
あるいはニキビが残りかけている古い角質が剥がれ落ちることで、それが完全に跡になって残ってしまうのを防ぐことも期待できます。

ターンオーバーの周期は、一般的には20代の場合には約28日周期、そして30~40代の場合には約45日周期だと言われています。
年齢が若く、代謝が高い人ほど周期は短く、逆に年齢を重ねて代謝が低下していくと、この周期も長くなりやすくなると言うのが基本です。

ただし周期が短ければ短いほど良いと言うわけではなく、適切な周期を保つことが重要ですから、そのための対策をとることが求められます。

ではそのための対策とは何なのかと言うと、その第一が睡眠です。
これはターンオーバーは、睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用を受けて行われるためです。
成長ホルモンは、量の差こそあるものの、老若男女問わず、全ての人に分泌されるホルモンです。

そしてその分泌がピークを迎えるのは、入眠してから最初に深い眠りを迎える、入眠後3時間後だと言われています。
つまり入眠がスムーズにいかなかったり、睡眠が途切れ途切れだと成長ホルモンの分泌にも影響が出てきて、それがターンオーバーの周期を乱れさせることもあると考えられます。

それからもうひとつは、ストレスと上手に付き合うことです。
強過ぎるストレスは自律神経の働きを乱れさせ、自律神経の乱れは睡眠にも多大な影響をもたらします。
加えて成長ホルモンの分泌も行われにくくなるため、ターンオーバーへの影響は大と言うことができます。
ですから自律神経に負担をかけないよう、ストレスを感じ過ぎないことが必要です。

背中ニキビに効く!ニキビケアクリームおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です