私は大手の工場勤務から、システムエンジニアも転職しました。

私は、大手の工場を辞め、システムエンジニアに転職しました。
私は高校生の時に、就職活動しました。
その当時は、バブルの後期だったので1人に4社選べる程の求人数でした。
私は、大手に入る位しか考えて無くて、就職しました。
でも、本当にしたい仕事だったかは、その頃はわかりませんでした。
就職して、5年位に班長になりました。その頃から、本当に私はこの仕事をしたかったか?
疑問は生まれてきました。
そのな時に、たまたまニュースでIT業界が急成長している事を知りました。
私は、中学の頃にパソコンに出会い、ゲームをしたりプログラムを作ったりしていました。
その頃は、本当に楽しくてベーシックというプログラムを遊びながら、独学で覚えました。
私はこのニュースを見て、自分自身がやってみたい仕事だと思いました。
敷居が高い業界なので、すごく悩みましたが、私はプログラマーになると決めました。
仕事をやめ、派遣でラインの仕事をしながら、資格を取得出来る様に、勉強しました。
半年かかりましたが、資格も取得でき就職活動しました。
面接をこなしていく内に、1つ大きな問題に直面しました。
それは、IT業界では中途採用で、初心者を採用する確率が低いという頃です。
私は、もう後は引けないという所まで来ていたので、諦めないで、
就職活動を続けました。
ある会社の面接で、その会社の業務と私のやりたい事が違っていたので、
面接も終わり、帰ろうとした時に話かけられました。
その人は、協力会社で、システム開発の会社の社長でした。
社長に「良かったらうちの会社に遊びにこないか?」
と誘われました。
私は一度経験してみたかったので、遊びに行きました。
私が憧れていたシステム会社の雰囲気や、作成中のシステム見せてもらったり、参考書を読ませてもらったりと
いろいろ経験させてもらいました。
私は、ここで働きたいという事を話したのですが、社長もそのつもりでした。
私は、システム会社に就職できました。
でも、これが本当にスタートでひたすら頑張って、2年後、システムエンジニアになりました。
私は、今の時代は終身雇用なんてないし、日本のサラリーマン教育のせいで、
本当にやりたい仕事を見つけにくい社会だと思います。
会社はいつ潰れるかわからないので、やはり手に職をもつべきだと思います。
職人に時代が戻ってきたと思います。

看護師 転職 エージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です