カフェインに要注意

若い頃には気にならなかったのですが、30代になってから、カフェインが睡眠の妨げになることを実感しています。
始めは、その関連性に気づかず、「今日はなんとなく寝つきが悪いな…」という日が増えてきた、という感じでした。
しかしよく考えてみると、起きている間、特に午後や夜間にコーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物を飲んでいると、寝付けないことに気づきました。

学生時代には、休み時間や食後に、よく自動販売機やカフェテリアでコーヒーを購入して飲んでいました。
にもかかわらず、講義中には睡魔に襲われて居眠りしてしまうこともしばしば…。
どんな時間帯に飲んでも、夜眠れなくて困るということもありませんでした。
そんな私が、カフェインが原因で不眠症になるなんて、初めは信じられませんでした。

でも、半信半疑で飲み物をノンカフェインのものに変えてみたら、その差はてきめんでした。
加齢に伴って体質が変わってしまうこともあるのですね。

ありがたいことに最近は、ペットボトルのお茶やアイスコーヒーにも、「ノンカフェイン」「カフェインレス」の表示がされていることが多くなってきました。
スターバックスやミスタードーナツなどの店舗でも導入されているので、外でお茶をする際にもお店を選べば安心です。

味もほとんど遜色ないように思いますので、これからも睡眠を確保して健康を維持するために、カフェインには気をつけていきたいと考えています。
グッドナイト27000 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です